副作用について|うつ病の闇をとりはらう抗うつ剤「ジェイゾロフト」の使い方について

副作用について

Beautiful angel so sad

ジェイゾロフトは非常に効果の高い抗うつ剤ですが、効果が高いということは副作用が生じる可能性もあるということを覚えておく必要があります。
ジェイゾロフトを服用する際は必ず副作用についても考慮しておきましょう。

抗うつ剤の副作用で有名なものといえば、吐き気、腹痛、口の渇き、便秘がありますが、ジェイゾロフトに関しても同じような副作用が見られます。
ただ、ジェイゾロフトは従来の抗うつ剤よりも副作用が少ないものになりますので、体に負担をかけることなくうつ病の治療ができるようになっています。
比較的安全性が高い薬ではありますが、ごくまれに痙攣や意識の混濁など重篤な副作用がありますので、始めて服用する際には副作用に細心の注意を払いましょう。
特に、初めて服用する際には副作用が起こりやすいので、ジェイゾロフトを服用し始めた直後はより深い注意が必要です。

ジェイゾロフトを服用する際は、副作用を最低限のものにするために、少しずつ服用量を増やしていきます。
ジェイゾロフトが効果を発揮する量は個人差が大きいので、最初はごく少量から増やしていき、良い効果の出る必要最小量まで少しずつ増量していきます。
気持ちの落ち込みが強いからといって大量に服用するのは危険なので、体調と相談しながら徐々に服用量を増やしていきましょう。
ジェイゾロフトは効果の個人差が非常に大きく、服用から3週間程度たってから効き始める方や、服用直後には精神が不安定になるという方もいます。
できれば服用開始直後は安静にして様子を見て、周囲の人にも自分が変わったことをしていないか見守ってもらった方が良いでしょう。すこしでも心身の不調を感じた場合は、すぐにでも医師の診察を受けてください。