数々の臨床試験|うつ病の闇をとりはらう抗うつ剤「ジェイゾロフト」の使い方について

数々の臨床試験

Beautiful girl is grieving

うつ病に効果を発揮する抗うつ剤には様々な種類がありますが、当サイトでジェイゾロフトをオススメするのには大きな理由があります。
それがジェイゾロフトの臨床試験の実績です。うつ病は心の病気と考えられていますので、どうしても薬の効果を実感しにくいという側面があります。
ジェイゾロフトに関してはうつ病を含む様々な精神疾患について臨床試験例がありますので、他の抗うつ剤よりも安心して利用することができます。
このページではジェイゾロフトの臨床試験例について紹介していきます。

抗うつ剤の効果を検証するうえで、最も気を付けなければいけないのがプラシーボ効果についてです。
プラシーボ効果とは、実際には効果のない薬を与えることによって気持ちを前向きにするというものです。「病は気から」ということわざに近い考え方で、薬を服用しているという事実だけで症状が改善する傾向がみられることを指します。
特に抗うつ剤に関してはこのプラシーボ効果が強く出ると考えられているので、ジェイゾロフトの有用性を確かめる臨床試験では必ずこのプラシーボ効果も加味しています。
具体例を紹介すると、ランダム化治療中止試験というものが有名です。最初にうつ病患者225人全員にジェイゾロフトを服用させます。そして、その中の117人にはジェイゾロフトの服用を投与しつづけ、残り118人にはプラセボ(偽薬)に変更して投与します。
もちろん患者は同じジェイゾロフトを服用していると思っていますので、どちらのグループもプラシーボ効果の条件は同じなのですが、実験の結果はジェイゾロフトの服用を続けたグループの症状再発率は約9%で、プラセボに切り替えたグループでは約20%の再発率が見られました。
このことから、ジェイゾロフトはプラセボではなく、薬の成分によって効果的にうつ病の症状を抑えていることがよくわかります。
この実験結果が示すように、ジェイゾロフトは抗うつ剤として高い効果を発揮する可能性が高いので、気持ちが沈んでどうしようもない時に利用しましょう。